肌の黒ずみに悩んでいる人は多いのではないでしょうか。私ももちろんそうです。

 

最初に黒ずみに気づいたのは、わきの下です。

 

わきの下のムダ毛を自分で処理するので、どうしてもケアを完全にすることができません。わきの下はむれやすくつねに肌同士がこすれるところなので、黒ずみができやすいのです。

 

ムダ毛が生え始めるのはまだ子供といってもいい年齢からなので、脱毛についての知識がないし脱毛サロンなどで永久脱毛をしてもらうわけにもいきません。

 

脱毛サロンで専門の人に脱毛してもらえば、脱毛後の肌のケアもしてもらえると思うのですが・・。

 

大人になってから、脱毛サロンに行こうかと思うことは何度かありましたが、それ以外の方法でムダ毛の処理をしています。

 

脱毛器も使います。それでムダ毛そのものはすっきりするのですが、長年の黒ずみは落ちません。

 

お風呂に入るときは、体を洗うのとは別に、わきの下を洗う時間を作ります。

 

タオルでごしごしこすらないように、石鹸を泡立ててその泡でていねいに洗います。

 

これで少しきれいになるような気がしますが、そんなにすっきりとはしません。

 

体臭予防のための石鹸を使って洗ってみたら、においはだいぶおさえられますが、黒ずみがすっきりとはしませんでした。

 

黒ずみには黒ずみケア専用のものが必要みたいです。

 

そういうものは値段が高そうなので避けていたのですが、わきの下がすっきりしてないと着られる服の幅が狭くなるので、思い切って使ってみることにしました。

 

黒ずみケアのためのコスメは、私が思っているよりたくさんあり、どれがいいのか迷います。

 

”黒ずみ わき クリーム”などで出てきた商品のいくつかのブログ記事や口コミを調べて、よさそうなものを使うことにしました。どれも悪くはなさそうだったので迷いました。

 

そして選んだのは薬用アットベリージェルという商品です。

 

使う前に心配だったのは、長い間消えない黒ずみを落とすくらいの効果があるものは、肌に刺激が強いのではということでした。

 

この点については大丈夫でした。

 

つけたところが保湿されるので広い範囲につけたいと思いましたが、気になるところだけにつけました。わきの下だけでなくひざの黒ずみにもつけました。

 

わきの下は、ジェルをつけてきれいになってもそれを保つのが難しいので、効果がはっきりわかるまでに時間がかかりそうです。ひざはけっこう早めに効果がわかります。

 

黒ずみが薄くなるとともにかさつきが消え、やわらかい感触になってきました。

 

薬用アットベリーは下記の参照サイトで一番最安値で紹介がされていましたので、参考にしてみて下さい。

 

参照サイト:薬用アットベリー最安値